ナース

夜間透析ができる病院が増えている|時間に縛られない

病気から身を守る術とは

ウーマン

発症しやすい年齢がある

胸の大きさに関わらず、女性であれば誰しもが乳がんにかかってしまう可能性があるので、必ず検診に行くようにするといいでしょう。また、乳がんは年に一度の検診では見抜けないほどの厄介な病気ですので、一度検診したからと安心するのではなく、入念に年に数回検査を受けておくことが命を守ることに繋がるのです。特に、最近では40代から50代にかけてこの病気が多く報告されているので、年齢に当てはまる方は、産婦人科へ行き正しい検査をするのがいいでしょう。そして、こちらは健康保険が効く場合もあるので、それぞれの病院に確認すると費用を押さえることが可能になるのです。

診断方法と対処法

乳がんの検査の代表的な方法が、マンモグラフィーで撮影するという方法です。しかし、これは乳房を機械に挟み圧力をかけることで検査するので、痛みが生じる場合があるのも事実です。しかし、その痛みを極力防ぐ方法として、生理が近い日にちを避けることが必須といえるでしょう。また、普段から生理が来る日をメモしていれば、いつなるのか知ることができるので、若いうちから習慣づけておくのも一つの手となっています。

精密検査は必ず受けること

マンモグラフィーを受けて異常がないと診断された場合は特に気にする必要はありませんが、精密検査が必要と判断された場合はその指示に従うようにするのが賢明です。何故なら、マンモグラフィーだけでは発見できない病気を見つけることができるからといえるでしょう。また、精密検査が必要とされた方の0.3パーセントもの人が乳がんであることが分かっているので、隠れた病気が悪化してしまう前に精密検査を受けるようにするべきです。